講師の藤澤です。今回は「社会」科目の学習方法についてお伝えいたします。

 

「社会は暗記科目だから…」

 

中高生なら誰もが一度は耳にしたことがあるフレーズです。

 

でもこの「暗記」のやり方、実はまちがってる人がとても多いんです。

 

今回は「社会は暗記科目だから…」を地でめっちゃ頑張ってるけどなかなか成績が上がらない…

 

そんな困った現象を解き明かし、「記憶のメカニズム」に基づく勉強のやり方をお伝えします。

 

 

社会の成績が伸び悩んでいる人の勉強のやり方

 

社会が伸び悩んでいる人はだいたいこんなやり方を今までに続けたことがあるはず。

 

・ノートに用語を書きまくって覚える!

・一生懸命ノートまとめをする!

・学校のワークやプリントを解きまくる!

 

えっ?みんなこういう風に勉強してるんじゃないの?

 

はい、実はその通りなんです。なんですが、

 

よく考えずにこういったやり方をひたすらがむしゃらにやっている人が多いんです…。

 

こういう人の多くは、学校のテストの成績が伸び悩んでいきます。

 

いつしか「社会は苦手やなー…」「社会は覚えることが多すぎて嫌い!」

 

となってしまってだんだんと社会のやる気が出なくなり

 

成績が上がらないマイナスの連鎖におちいります。

 

では、なぜこの勉強のやり方では成績が上がらないんでしょう?

 

これには人間の「記憶のメカニズム」と勉強のやり方の「工夫」に大きな関係があります。

 

 

知っておきたい「記憶のメカニズム」

 

人が何かものを覚えたり思い出したりする記憶にはいくつか種類があって、

 

その中でも「エピソード記憶」「意味記憶」というものがあるんです。

 

 

まず「エピソード記憶」とは何なのか?

 

 

簡単に言うと、いままでに自分が体験したできごとに関する記憶のことです。

 

たとえば、街中を歩いているときに空き店舗になっている建物を見かけて

 

「あーそういえば前はここ靴屋さんだったなー…」みたいな記憶です。

 

学校のテストで言うと、テストで問題を見たときに

 

「あっ、これ確か教科書のあのページの左下にあったやつだ!えーっと…」

 

みたいな感じです。

 

 

次に「意味記憶」ですが、

 

 

これは「赤信号は渡っちゃいけない」だとか

 

「お年寄りには席を譲る」といったような

 

ものごとの意味や概念、一般的な事実に基づいた記憶です。つまり「知識」です。

 

これも学校のテストで言うと、

 

「近畿地方では和歌山県がみかんで有名で…大阪府がいちばん人口多いから…。」

 

みたいな感じです。

 

ここまで「エピソード記憶」「意味記憶」について言いましたが

 

実は、社会が伸び悩んでいる人の勉強のやり方の問題点はここにひそんでいます。

 

 

「社会は暗記科目だから…」の落とし穴!?

 

最初に書いた社会が伸び悩んでいる人の勉強のやり方

 

・ノートに言葉を書きまくって覚える!

・一生懸命ノートまとめをする!

・学校のワークやプリントを解きまくる!

 

これって実は、まったく工夫しないでこのやり方を続けていると

 

エピソード記憶として記憶されてしまいます。

 

簡単に言うと

 

こういった勉強をしたあとに勉強を振り返ってみると

 

「めっちゃ勉強した!」っていう“体験の記憶”は残るんですが

 

何を覚えられた?って聞くと答えられなかったり、

 

◇◇の問題は解けそう?って聞いても「えーっと…」ってなったりするんですね。

 

つまり、「社会は暗記科目だから…」のスタンスでただひたすら量をこなしただけでは

 

勉強した体験やそのやり方だけが記憶に残って勉強したことの理解につながりません。

 

これが「社会は暗記科目だから…」の落とし穴です。

 

しかし誤解しないでほしいことがあります。

 

エピソード記憶も効果のある記憶であり、量はちゃんとこなす必要があります。

 

ただし、社会の勉強をするときは「エピソード記憶」だけでは不十分で

 

「意味記憶」につながるやり方をしないと成績が伸び悩みます。

 

裏を返せば

 

「意味記憶」につながるやり方での「エピソード記憶」を重ねていくことが重要なんです。

 

じゃあどうやって勉強すれば社会の成績が上がるのか?

 

簡単に言うと「頭を使ってイメージして考える」やり方です。

 

 

身につけておきたい「社会の勉強法」

 

ではここからは「意味記憶」につながる

 

身につけておきたい社会の勉強のやり方を紹介します。

 

 

①頭の中に取り込むように繰り返し読む

 

教科書や参考書、問題集などを使って覚えるときは

 

頭の中に取り込むように繰り返し読んでください。

 

たとえば、教科書の「源頼朝は1185年に全国に守護と地頭を配置した」を覚えたい場合

 

「源頼朝  は 1185年に 全国に 守護と地頭 を配置した」

 

といったように文章を

 

自分がつかみやすい形にくだいて

 

頭の中で声に出しながら読んでください。

 

そして次は

 

「源頼朝は鎌倉幕府の将軍で…1185年に鎌倉幕府ができて…日本の各地に守護と地頭をつかせて…そもそも守護は警察で地頭は役所の人みたいな役割で…」

 

といった内容やイメージを頭に思い浮かべながら繰り返し

 

頭の中で声に出して読んでみます。

 

この時に、「守護と地頭」がわからなければ

 

守護と地頭について書かれた文章を同じやり方で頭に取り込んで

 

また戻ってきてくださいね。

 

「意味記憶」につなげるためには

 

まずはこのように頭の中に取り込むようにして

 

書かれている文や言葉を読むことが大切なんです。

 

 

…実はここでも「記憶」に関係する技術を使っています。

 

“処理水準効果”というものがあって、すごく簡単に言うと

 

「記憶の深さは実は3種類あるよ」っていう認知心理学の研究です。

 

1.形で覚える 2.音で覚える 3.意味のつながりで覚える

 

という3種類です。

 

そして実は、1よりも2、2よりも3、の方法で覚えた方が

 

人は忘れにくくて思い出しやすいという特徴があるんです。

 

今回の例では、最初に2、次に3をやり方に取り入れています。

 

 

②マインドマップに描き起こす

 

このように繰り返し読んで頭に取り込んだものも、

 

残念ながら人は数をこなしていくうちに古いものから忘れていってしまいます…。

 

そこで、繰り返し読んで頭に取りこんだものを「意味記憶」にするために

 

マインドマップに描き起こしましょう。

 

マインドマップとは

 

めっちゃ簡単に言うと「学んだことを描いていった地図」です。

 

といってもピンと来にくいので、簡単なイメージ図ですが見てください。

 

 

 

 

 

こんな感じで学んだことを描き起こしていきます。

 

マインドマップを描き起こすことで

 

学んだことがそれぞれつながっていってさらに記憶を強めることができるんですね。

 

でもここで実はかならず守ってほしいやり方があります!

 

それは「学んだことを頭の中で思い出しながら描き起こしていく」というものです。

 

マインドマップは

 

学んだこと(=自分が理解した言葉やイメージ)を形にすることで正しい効果を発揮します。

 

なので、教科書に書かれてることをそのままマインドマップに書き移しても残念ながらあんまり意味はありません…。

 

マインドマップを描き起こすときはかならず、頭の中で思い出しながらやってくださいね。

 

ただ、覚えたことを忘れてしまってそれを補うために教科書を見直すのはアリです。

 

でも、再度頭に取り込むように見直しましょう。

 

ハナから教科書を書き移すのはナシです!

 

 

③次の問題に行く前に頭の中で繰り返して確かめるクセをつける

 

ここからは実際に問題を解いていく場面です。ここでやってほしいことがあります。

 

それは「次の問題に行く前に必ず頭の中でさっきの問題を繰り返し確かめる」です。

 

これも実は

 

“シミュレーション”という記憶を強めるテクニックを使っています。

 

簡単に言うと「本番を意識した繰り返し」です。

 

よく「学校のワークや問題集では解けたのに、テストになると分からなかった」

 

と言う人はこの“シミュレーション”をやっていないんです…。

 

「これが本番(=テスト)で出されたら、いま解けたみたいに自分はテストで解けるかな?」

 

ってことを考えるクセが練習の時に大切です。

 

なので、次の問題に行く前に、かならず“シミュレーション”しておくことが重要!

 

“シミュレーション”の合言葉は

 

「これがテストで出されたら同じように解けるかな?」です。

 

※“シミュレーション”は正しい認知心理学の用語ではなく俗語であることをここで断っておきます。

 

 

「このやり方は合ってるの…?」という着眼点

 

「エピソード記憶」「意味記憶」についてと

 

身につけておきたい社会の勉強のやり方を3つ紹介しました。

 

今回は社会の学習法を話しましたが、ぜひこの話を読んでくれている皆さんには

 

今の勉強のやり方に甘んじるのではなく、普段の勉強の時から

 

「はたしてこのやり方は合ってるの…?もっと良いやり方や工夫があるんじゃ…?」

 

みたいな感じで一歩離れて勉強のやり方を捉えて

 

自分の勉強がより良いものになるように知恵をしぼってください。

 

勉強のやり方を工夫することを学んで

 

自分の頭で考えて自分自身を成長させる目線を持ってほしいと願っています。